【管理釣り場に行く前に】-トラウト管釣り情報- > 管理釣り場基礎知識 > 管釣りテクニック・・・アタリ・アワセについて 【管理釣り場基礎知識】
ナチュラム
⇒安い!便利!世界最大級フィッシング通販【ナチュラム】

管釣りテクニック・・・アタリ・アワセについて 【管理釣り場基礎知識】

◎管釣りでのアタリ・アワセについて

★管釣りでのアタリ
 トラウトは小さいアタリが多く、一般的にはラインの動きを見てアタリを感じます。
 ラインが張ったり、逆にたるんだり、左右に動いたりと様々です。
 水面にできる三角の引き波付近を見て、ラインの変化に注意すると良いでしょう。

★管釣りでのアワセ
 大きくアワセると、ラインが切れてしまったり、魚の口が切れてバラシの原因になります。
 ロッドは軽く握り、その手をギュッと強く握る程度で大丈夫だと思います。

 小・中型のトラウトなら「巻きアワセ」が有効です。
 アタリがあったら真っ先にリールを数回素早く巻いて、それからロッドを立てて深くフックを
 貫通させます。

 とある達人に聞いたのですが、人間の反射神経では、いきなりロッドを立ててアワセると
 魚がルアーを口にくわえてから離す時間に間に合わず、「巻きアワセ」をマスター
 すればバラシが減り釣果アップ間違いなしだそうです。

 ただ、あまりにも小さいアタリをアワセるのは最初は難しいし空振りも多いでしょう。
 小さな変化をアワセてばかりいると、疲れますし魚も散ってしまいます。
 ラインに変化が出て、手元に感触が伝わるような大きなアタリを確実に取る事に
 集中した方が1日楽しく管釣りが出来るかもしれません。

 経験を積んで技術が上がったら、是非小さなアタリのアワセにチャレンジしてください。
 ビシッとアワセが決まると快感です。

★リールの性能アップで釣果に差をつけよう!!

⇒リールのチューニング専門店!【HEDGEHOG STUDIO】

管理釣り場に行く前にTOPへ
管理釣り場ファン必見!
ベストコンディションで釣ろう!


⇒車中泊専用マット!
Yahoo! JAPANカテゴリ 管釣り、釣り堀
Yahoo!Japanカテゴリに登録されました
釣りって楽しいですよね。釣り方、釣り道具、狙う魚種も様々です。釣れる魚の数!釣れる魚の大きさ!釣れた魚を美味しく食べる!釣り道具にこだわる!自然に癒される!など楽しみ方も人それぞれ。一人で釣りに熱中するのも楽しいですし、家族や仲間と釣りを楽しむのも良いですよね。スポーツとしても趣味としても楽しめる釣りの魅力にはまってしまう方も多いです。このサイトでは管理釣り場の情報、管釣りの楽しさ、釣りの魅力などをお届けできればです。釣りを楽しみましょう!