【管理釣り場に行く前に】-トラウト管釣り情報- > 管理釣り場基礎知識 > 管釣りテクニック・・・立ち位置・構えについて 【管理釣り場基礎知識】
ナチュラム
⇒安い!便利!世界最大級フィッシング通販【ナチュラム】

管釣りテクニック・・・立ち位置・構えについて 【管理釣り場基礎知識】

◎管釣りでの立ち位置・構えについて

★管釣りでの立ち位置
 夢中で釣っていると、つい岸ギリギリに立ってしまいがちです。
 それでは岸寄りにいる魚にプレッシャーを与えてしまいます。
 立つ場所の広さにもよりますが、なるべく岸から離れて釣りをしたほうが、
 プレッシャーも与えず、ルアーを岸ギリギリまで引くことができて
 釣果が上がると思います。
 日差しの関係で自分の影が水面にのびてしまう時は、しゃがんで釣るのも
 有効でしょう。

★管釣りでのロッドの構え
 基本は竿先を真っ直ぐに構えるストレートアングルです。
 他に、竿先を上げるアッパーアングル、下げるダウンアングル、
 横に向けるクロスアングルなどがあります。

 ストレートは肘を上げ、竿先を目線と平行にすることにより
 ラインの動きや竿先の動きが見やすく、アタリがとり易い
 基本中の基本の構えです。
 
 アッパーはルアーを表層を泳がせる時に有効。
 ダウンは管理釣り場で風が強い時や、ルアーの泳ぐ層を下げたい時、
 クロスは管理釣り場で風が強く竿でアタリをとりたい時に有効です。

 まずは、基本のストレートアングルを覚え、その日の風の状況、
 ルアーの泳がせたい層など状況に応じて使い分けてください。

★リールの性能アップで釣果に差をつけよう!!

⇒リールのチューニング専門店!【HEDGEHOG STUDIO】

管理釣り場に行く前にTOPへ
管理釣り場ファン必見!
ベストコンディションで釣ろう!


⇒車中泊専用マット!
Yahoo! JAPANカテゴリ 管釣り、釣り堀
Yahoo!Japanカテゴリに登録されました
釣りって楽しいですよね。釣り方、釣り道具、狙う魚種も様々です。釣れる魚の数!釣れる魚の大きさ!釣れた魚を美味しく食べる!釣り道具にこだわる!自然に癒される!など楽しみ方も人それぞれ。一人で釣りに熱中するのも楽しいですし、家族や仲間と釣りを楽しむのも良いですよね。スポーツとしても趣味としても楽しめる釣りの魅力にはまってしまう方も多いです。このサイトでは管理釣り場の情報、管釣りの楽しさ、釣りの魅力などをお届けできればです。釣りを楽しみましょう!