【管理釣り場に行く前に】-トラウト管釣り情報- > 管理釣り場基礎知識 > 管釣りタックル・・・ラインについて 【管理釣り場基礎知識】
ナチュラム
⇒安い!便利!世界最大級フィッシング通販【ナチュラム】

管釣りタックル・・・ラインについて 【管理釣り場基礎知識】

◎管釣りでのラインについて

★管釣りに適したライン
 各メーカーから、様々な太さ、色、素材のものが発売されています。
 
 ●管理釣り場で使用するラインの太さ
   軽いルアーを投げる場合、細ければ細いラインほど飛距離が出ます。
   繊細なアタリも細いほどよく感じる事ができます。
   ただし、ルアーの重さとのバランスが悪ければキャストした時や
   大物が掛かった時に切れてしまいます。
   スプーンには3ポンド前後、ミノーなどはそれより少し太めが一般的です。
   行く管理釣り場の魚の大きさ、主に使うルアーの重さ、自分の技術などを
   考慮し選ぶのが良いかと思います。

 ●管理釣り場で使用するラインの色
   透明から視認性の良い色つきなど様々あります。
   ・透明は魚に違和感を与えないが、アタリが見づらい場合がある。
   ・色つきは魚に多少の違和感を与えるが、アタリは見やすい。
   というのが一般的に言われています。
   有名アングラーでも、色は関係無いという方もいますし、透明が
   良いという方もいますので、お好みで選んでくださいませ。

 ●管理釣り場で使用するラインの素材
   ナイロンが一般的ですが、フロロカーボン、フロロ+ナイロンなども
   最近はあります。ナイロンは伸びがあり水に浮きやすく、フロロは
   伸びが少なく水に沈みやすい特徴があります。
   フロロの方が伸びが少ない分、感度が良くアタリがとり易いですが
   価格はナイロンに比べ少し高くなります。冬場はナイロンの方が有利
   と言われています。
   初心者の方は扱いやすいナイロンを選ばれたほうが良いかと思います。
   技術が上がってから色々試すのが良いでしょう。

★リールの性能アップで釣果に差をつけよう!!

⇒リールのチューニング専門店!【HEDGEHOG STUDIO】

管理釣り場に行く前にTOPへ
管理釣り場ファン必見!
ベストコンディションで釣ろう!


⇒車中泊専用マット!
Yahoo! JAPANカテゴリ 管釣り、釣り堀
Yahoo!Japanカテゴリに登録されました
釣りって楽しいですよね。釣り方、釣り道具、狙う魚種も様々です。釣れる魚の数!釣れる魚の大きさ!釣れた魚を美味しく食べる!釣り道具にこだわる!自然に癒される!など楽しみ方も人それぞれ。一人で釣りに熱中するのも楽しいですし、家族や仲間と釣りを楽しむのも良いですよね。スポーツとしても趣味としても楽しめる釣りの魅力にはまってしまう方も多いです。このサイトでは管理釣り場の情報、管釣りの楽しさ、釣りの魅力などをお届けできればです。釣りを楽しみましょう!